「日本神話往来」とは、日本神話・日本語・英語・絵本・教科書が一冊になったオールインワン書籍。索引・付録もついてさらに充実しています。
 
お話の内容は国づくりから神武天皇誕生まで、Supermom Japanの「古事記カード絵本」(第1巻~第5巻)の続編になっています。和綴じ本スタイルの往来物をヒントに制作しました。「往来物」とは江戸時代、世界一の識字率を誇る日本の教育システム寺子屋で使われていた教科書。師匠は生徒一人一人の親の職業、年齢や興味に合わせた往来物を用いて指導し、教育方法も自由に変えていたそう。「そんな往来物が現代にもあればいいな」を形にしたのが、この「日本神話往来」です。
 
今までの絵本とも英語教科書ともバイリンガルブックともちょっと違う。見たことのないスタイルだけどどこか懐かしくて、かつ実用性が高い。そんな往来物を目指しました。分かりやすさはそのままに、だけど単なる絵本にならないように、往来物(教科書)の本来の意味を失うことなく様々な工夫を凝らしました。例えば、テキスト上部に用語、発音記号、不規則動詞の変化形や形容詞の不規則変化を明示。英語学習にも役に立つ一冊となっています。

 

 

こだわりの和素材

今回は「皇紀カレンダー」に使用し大変好評だった阿波和紙に加え、3種類の和紙を組み合わせました。角布には惜しみもなく金のもみ紙を使い、国産の紅白の麻紐で綴じ、見た目も美しい和綴じ本に仕上げました。ひとつひとつご注文をいただいてからの制作になりますので、少しお時間をいただきますが、どうぞご了承ください。

 

 

日本の伝統色のみで色付け

今までのSupermom Japanの全ての作品と同様、「日本神話往来」もイラストは日本の伝統色のみで色付けしています。

 

 

日本語は縦書きで、漢字には誰もが読めるようふりがな付き

物語は子供でも理解できる易しい日本語で書かれています。

縦書きされた日本語のテキストの漢字には全てふりがながついています。

英語は中学生で学ぶ基礎的なレベル。

 

 

充実した索引と付録

巻末には、索引&付録付き。第6巻、第7巻では学校ではなかなか教わることのない「英語の発音の仕組み」をイラストを用いて分かりやすく解説しました。英語を外国語として教える資格を持っている著者ならではの視点で作った新感覚の往来物です。第8巻の付録は「大祓詞」(おおはらえのことば)。日本人としての本来の生き方を導いてくれる古からの贈り物です。

 

 

「古事記プロジェクトチーム」が作りました

初巻から第8巻完成まで計8年。「日本神話往来」からは、イラストレーターが往来物作家ママテラス へと変更はあったものの、基本的には同じメンバーで頑張りました。ご協力いただいたキャシーさん、乗松さん、そして日本語編集を担当してくださったりえさん、本当に長い間、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

作者:ママテラス(Supermom Japan代表。往来物作家。英語講師)

英語アドバイザー:Cathy Hirano(翻訳家。「精霊の守り人」や「人生がときめく片づけの魔法」を英訳)

監修:乗松真也 (歴史研究家。新聞や雑誌にも寄稿)